今日でちょうど上海万博の開会から90日目となりました。

最近ニュースにこの話題が出てこなくなりましたが、
万博自体は盛況なようで先週には入場者数が3000万人を突破したそうです。

そこで気になったのが、みんなその上海万博でどの位お金を使っているのかということ。
こういった万博というのは当然のことながらその地域の経済的効果も期待されているため
入場者が万博にお金を落としていくかどうかということは重要なポイントとなります。

余計なお世話かもしれませんが、そういった点ではどうなのか気になったので調べてみました。


中国メディア「人民網」によると
5月の万博会場における平均消費額は190元(約2443円)で
その内訳のほとんどは入場代と会場費とことです。

入場料はケースによって異なるため一概には言えませんが、
最も多いと思われる通常日普通券だと日本円で¥160ですので今日のレートだと12.44元となり
残りの176.56元(2270.28円)が食費やお土産代金となりそうです。

中国の物価を考えると妥当といった金額かも知れませんが、
日本人の感覚からすると万博で入場料、食費、お土産などを全て込みで約2400円というのは
安いなと思ってしまいますね。


「これだけ覚える」

上海万博において1人が使う平均額は約2400円



上海
上海
posted with amazlet at 10.07.29
サクセス (2005-12-22)
売り上げランキング: 1033
おすすめ度の平均: 3.5
5 上海の面白さ
5 シンプルにはまる。
3 最初はハマル
3 良くも悪くも上海です
4 他機種とは別物