63年前からの平均寿命を全公開!

昭和22年からの平均寿命調査の結果が厚生労働省によって公表されました。
今と昔の平均寿命の違いの大きさを実感できる数字となっています。

そんな63年前からの平均寿命をご紹介します。

PR あなたの寿命判定法

63年前から2008年までの平均寿命の差は32.09歳!

今から63年前の昭和22年の平均寿命は男性50.06歳、女性53.96歳となっています。
逆に最新の2008年では男性79.29歳、女性86.05歳と
男性は29.23年、女性の場合なんと32.09年平均寿命が延びていることとなっています。

詳しくは以下の表をご覧下さい。
(単位:年)
和暦 男女差
昭和22 50.06 53.96 3.90
25-27 59.57 62.97 3.40
30 63.60 67.75 4.15
35 65.32 70.19 4.87
40 67.74 72.92 5.18
45 69.31 74.66 5.35
50 71.73 76.89 5.16
55 73.35 78.76 5.41
60 74.78 80.48 5.70
平成2 75.92 81.90 5.98
7 76.38 82.85 6.47
12 77.72 84.60 6.88
13 78.07 84.93 6.86
14 78.32 85.23 6.91
15 78.36 85.33 6.97
16 78.64 85.59 6.95
17 78.56 85.52 6.96
18 79.00 85.81 6.81
19 79.19 85.99 6.80
20 79.29 86.05 6.76

この半世紀ちょっとでかなり寿命が延びているんですね。
このままの勢いでいけば平均100歳を超えることもあり得るかもしれませんね。

寿命・余寿命予測と材料
寿命はどこまで延ばせるか?