運動選手だけでなく一般の方の話し方や健康にまで影響するとされる肺活量。
肺機能が低いと脳卒中や心臓発作にもつながると言われています。

そこで今回は肺活量の平均はどの位かというのを
性別、年齢、身長別に求める方法をご紹介します。


性別、年齢、身長別に肺活量の平均を求める方法は
18歳以上の成人の場合
男性={27.63-(0.112×年齢)}×身長
女性={21.78-(0.101×年齢)}×身長

とされています。

つまり、30歳身長170cmの男性の場合
{27.63-(0.112×30)}×170 となり計算すると
4125.9という数字が出ます。




大体男性は3000ml~4000ml
女性は2000ml~3000ml
と言われていますので間違っていないようです。

健康診断位でしか肺活量は測ることはないですが
今度測る時があったら上の計算をして、自分の場合平均はいくら位かというのを考えてみるのも良いかもしれません。
21日で13キロやせた!身体から脂肪だけがドロドロ流れ出す!体質改造ゴールデンルールダイエット

この平均だけ覚える

肺活量の平均を求める計算式がある。計算式は、、メモして使う。