この不景気で就職活動をする学生が厳しいというニュースを至る所で流れています。
そんな状況を証明するかのように、12年卒(現在3年生)の就職活動生のエントリー数が昨年と比較してかなり多くなっているという調査がありましたのでご紹介します。


人事サービス会社のレジェンダ・コーポレーションの調査によると
2012年4月入社を目指す大学生・大学院生の平均エントリー数は最終的に110社以上となるそうです。

これは昨年の平均90社と比較してかなり多い結果となります。
11月の時点でエントリー数は平均56.9社となり、前年より3.7社増加しています。

現在既に外資系はスタートしていますが、本格的な選考は来年の1月〜4月。
それなのに既に50社以上にエントリーしているとは、すごいですね。

就職活動生には是非頑張ってほしいものです。

この平均だけ覚える

2012年卒の平均エントリー数は110社以上となる見込み