最新の合計特殊出生率が本日6月2日に厚生労働省により発表されました。

年次の推移、各都道府県における
データもあり、興味深い結果が出ましたのでましたのでご紹介致します。



データによると昨年の
合計特殊出生率は一昨年平成20年と変わらず1.37人
となります。

そして各県別に見てみると、
沖縄県が最も高く1.79人(一昨年1.78人)
そして東京都が最も低く1.12人(一昨年1.09人)
となりました。

これら2つは一昨年よりも上がっていますが、
和歌山(1.41人→1.36人)山形(1.44人→1.39人)
などが下がっているため全体的に見ると変わらないといったところでしょうか。

詳しくは以下をご覧下さい。
図1

図2
出生率2

出生率は低いと将来的な少子化につながりますから
向上して欲しいですね。


「これだけ覚える」

合計特殊出生率は一昨年と変わらず1.37人


〜活用事例〜

少子高齢化の話が出たときに自慢げに言ってみよう。
「厚生労働省から発表があったね。出生率は昨年も一昨年と変わらなかったらしいよ。君、知ってたかい?知らなかっただろうね。ふん。」

※あまりに自慢げに言うと嫌われるので注意しましょう


子供、ほしいね DVD-BOX I
ポニーキャニオン (2009-10-21)
売り上げランキング: 11848
おすすめ度の平均: 4.5
5 Only Love Can Break Your Heart…
5 懐かしいけど、今でも通用するかも。。。
4 懐かしい!
4 BGMいいね。