今や、1人で2台、3台と持つ人も珍しくなくなった携帯電話。
スマートフォンを始め、絶えず次々と新機種が出て来ていますが、
1台持ったら皆、どの程度の期間その機種を持ち続けるのか
そんな所有年数の平均が気になったので調べてみました。


内閣府経済社会総合研究所景気統計部(長い!)の2010年3月時の消費動向調査によると
携帯電話の平均使用年数は3.4年とのことでした。

平均で3年以上も1つの携帯を持つのかとちょっと思ったよりも長く感じたのですが皆さんはいかがでしょうか。
ちなみに2006年の調査では2.7年でしたので、この4年間で0.7年伸びていることとなります。

買い換える時の理由は
1位が上位品目への移行で37.3%(2006年:43.7%)
2位が故障で34.0%(2006年:30.5%)
という結果で、上位機種への変更というのがまだ1位をキープしていますがその差はかなり迫ってきています。

所有年数が増えた理由も以前と比べて新機種が欲しくて買い換えるのではなく故障するまで使い続けるという方が多くなってきたということでしょうか。
こういったところにも不況の影響はありそうですね。


「これだけ覚える」

携帯の平均使用年数は3.4年。これは以前よりも長くなっている。



Android 2.2 タブレットMID701 (7インチ液晶 Android OS 2.2 Android 2.2 アンドロイド端末)2GB

Android 2.2 タブレットMID701 (7インチ液…

¥19,800(税込)

電子書籍。興味があっても、価格が高くて中々手が出せない!!というアナタにぴったりな商品が入荷しました!!しかも今回の商品はAndroid OS 2.2を搭載の最新モデル!感圧式なのにも関わらず、サクサク動くこの操作性はまるで静電気式モデルを操作しているみたい!…

Android 2.2 タブレットMID701 (7インチ液晶 Android OS 2.2 Android 2.2 アンドロイド端末)2GBAndroid 2.2 タブレットMID701 (7インチ液晶 Android OS 2.2 Android 2.2 アンドロイド端末)2GBをカートに入れる
拡大画像を見る