学生の本分は勉強。だからもっと勉強しなさい!
そう親は思うものですが子供はできるだけ遊びたいと考えているのがほとんどではないでしょうか。

そこで使うことができるのが
皆は1日にどのくらい勉強しているのかという平均的な勉強時間。
これを使えば子供にもっと勉強させる材料になるかもしれませんよ。


ベネッセの行った「放課後の生活時間調査報告書―小・中・高校生を対象に―」によると
学校での勉強を除く1日の平均勉強時間(学校の宿題、宿題以外の勉強、学習塾の合計)は
小学生が平均80.7分
中学生が125.7分
高校生が72.7分

とのことです。

大学受験を控える3年生がいる高校生が最も短いというのは意外な気がしますね。
ちなみに高校生における携帯電話の使用時間と勉強時間との相関性についての調査も行われており
携帯電話の使用時間が長い程、勉強時間が短くなる逆相関が見られました。

携帯電話の使用時間 家での勉強時間
しない 100.6分
5分 95.5分
10分 88.2分
15分 95.0分
30分 85.9分
1時間 69.2分
2時間 59.7分
3時間 57.7分
4時間 53.5分
4時間より多い 43.0分
無回答・不明 119.2分
全体平均 76.8分

携帯を使っているから勉強時間が短いのか、勉強時間が長いから携帯を触る時間が無いのか
因果関係ははっきりしませんが、明らかな傾向を見ることができました。

今の世の中、勉強が全てではありませんが
こういった平均を使って勉強を促すのはありかもしれませんね。


「これだけ覚える」

平均の勉強時間は小学生80.7分、中学生125.7分、高校生72.7分。
携帯を使っている時間が長いと勉強時間が短くなる傾向がある。



68点を確実に取る勉強法
横溝慎一郎
フォレスト出版
売り上げランキング: 233
おすすめ度の平均: 5.0
5 飴と鞭と具体的アドバイスの本です
5 感動しました。
5 行政書士受験者以外でも
3 昔からある伝統的
5 受験・勉強・時間マネジメント
暗記のテクニックが満載