生まれた時からPCや携帯電話が身近にある
デジタル世代とも言われる今の学生達ですが
そんなデジタル時代の先端を行っているともされる彼らの、
テレビやインターネットといった各メディアの平均利用時間調査がありましたのでご紹介します。


学年によりバラバラなのですが、ベネッセの調査によると
どの学年も「TV、DVD」が最も多く
高校生になると「携帯電話」「音楽を聴く」時間が急激に伸びるということが明らかになりました。

一方本やゲームといった時間は学年が変わってもそれほど割合としては変わらず、高校生になるとデジタル機器に目覚めてくるといったことの様です。

それぞれについての詳細は以下となります。


産まれた時からPCなどがあるにしては実はあまり小学生や中学生の頃には触っていないのですね。
それとも今の小中学生は更にもっと最新の何かを使っているのでしょうか?


高校2年生の携帯使用時間は平均76分(1日)。高校生になると急激に使用時間が増加する。


新聞がなくなる日
新聞がなくなる日
posted with amazlet at 10.06.30
歌川 令三
草思社
売り上げランキング: 153632
おすすめ度の平均: 4.0
4 記者クラブ制度への言及が無かったのは残念
4 新聞業界の将来は?
5 IT革命の核心を説いた本
4 新聞業界を経営学的に分析