入院の平均日数を病気別に


病気はしたくありませんが、
してしまった時に気になるのが入院費用と日数。
医療保険は基本的に30日型、60日型といったように、支給額が日数で決められていますので
病気によってどの程度入院する必要があるのかということを知っておくのは
実は結構重要だったりします。

そこで今回は病気別に入院平均日数というものを調べてみました。

保険クリニック及び厚生労働省によると
代表的な病気の平均入院日数は
心疾患:27.8日
糖尿病:34.4日
高血圧疾患:41.4日
脳血管疾患:101.7日

とのことです。

ただ、上だけ見るとどれも一ヶ月を超える日数となっていますが、
基本的に入院は短期なものが多く52.4%の入院患者は10日未満の入院日数となっています。


特定の病気にかかりやすい遺伝の方はその平均入院日数に合った保険を選ぶことをお勧めします。
まあ、病気にかからないのが一番ですね。

自宅入院ダイエット
私、精神科に入院してました。


「これだけ覚える」

52.4%の入院患者は10日未満で退院する



入院・通院&お見舞い いざというとき読む本
内田スミス あゆみ
主婦の友社
売り上げランキング: 477513
おすすめ度の平均: 5.0
5 体験にもとづいた本音のマニュアル本
5 筆者の人柄が伝わる本