総務省が5月20日に発表した最新の人口推計によると
現在の日本の人口は約1億2736万人。
これは昨年の12月と比較した場合約15万人減少した結果となります。


この2年間人口は減り続けており、原因としては慢性的な少子高齢化社会が考えられ、今後もこの流れは徐々に加速していくと見られます。

15万人といえば中規模の市が1つ丸まる消えてしまうのと同じ。
良く少子高齢化と耳にしますが、こうしてみると本当に
人口は減ってきているんだと感じますね。

詳しい数字は以下の総務省データをご覧下さい。
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001063847

知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書)
池上 彰
角川SSコミュニケーションズ
売り上げランキング: 26
おすすめ度の平均: 4.0
4 わかりやすい解説書
5 本質
5 良書
5 現在の社会に求められているもの
1 民主党から立候補したらどうですか?