節電の平均

今年は震災関連の影響で節電が求められる夏となっています。
企業だけでなく個人家庭でもこうした節電に取り組む方も多く、太陽光発電の導入や節電グッズの購入など何かと出費がかかってしまっている様でその支出の平均額が4万円を超えるという調査が発表されていましたのでご紹介します。


いよぎん地域経済研究センターによると愛知県において節電のために支出した費用は4万6千円という結果になりました。

愛知県で節電を行っている人は全体で65.3%となり、最も割合が多い世代は60代で73.6%となっています。
今年の夏から節電をしたか
そしてその節電に対してお金をかけたかという質問には32.1%が何かしらの節電の為のものに支出したと答えました。
その使い道としては「扇風機の購入」「LED電球の導入」などがあるそうです。LED電球や太陽光パネルはまだまだ高価ですからこうした所で平均費用が跳ね上がっているのかもしれません。
(太陽光パネルは95.3%が未設置)

愛知県でこれだけということは、更に節電が求められる関東や東北などはどれだけ節電にお金をかけているんでしょうか。電気代を浮かせると思っていたのに別の所でお金がかかってしまうというちょっと予想外の結果となっている家庭も多そうです。

調査時期:2011年7月20~29日
有効回答数:595人
回答方法:調査票を伊予銀行の店頭で配布し、郵送で回収