サインか暗証番号を入力するだけで買い物ができてしまう便利なアイテム「クレジットカード」。
便利すぎてつい使いすぎてしまうこともあったりします。

また、特定の場所で使うとポイントが付くクレジットカードもあったり
特典を受けたりすることができるため
複数枚持っている方がほとんどではないでしょうか。
一杯持ちすぎてしまい使わないのもあったり。。

そこで今回はみんな平均してクレジットカードを何枚程度
持っているのかということを調査してみましたのでご紹介します。



JCBの2009年度「クレジットカードに関する総合調査」(2010年4月公開)
によると1人当たりの平均所有数は3.5枚とのことです。

ただ、実際に所有していても財布に入れて携帯していなければクレジットカードの意味は半減してしまいます。(ネットショッピングでは使えますが。)
そこで実際の携帯数も調査されており、こちらは2.1枚だそうです。

ちなみに年齢別に見てみると40代、50代の方が特に多く男性は50代が4.1枚、女性は40代が4.2枚でそれぞれ最大となります。

詳しくは以下をご覧下さい。
クレジットカード平均所有者数

P.S.
この「あらゆる平均.com」はその名の通り、様々なありとあらゆる平均をご紹介していきます。
日本人は平均好きと言われており話のタネにもしやすいことから、ここでご紹介したネタを生活の中の会話等で使って頂ければと考えています。

そこで、今回より「これだけ覚える」というコーナーを記事の下部に作る事にしました。
ここにご紹介する1フレーズを覚えるだけで、皆に自慢げに話のネタを披露することが出来るような要約を記載したいと思います。
飲み会や普段の会話などに是非お使い下さい。
(※平均は調査によっては偏りがあることがあります。あくまで参考程度にご利用下さい。)

「これだけ覚える」

クレジットカードの現在所有している枚数は約2枚(合計では3.5枚)


〜活用事例〜
皆との会話の中で、相手の財布の中を見ずに
「クレジットカード今、何枚持ってる?普通、大体2枚なんだよ。」と言う。
もしくは超能力者風に「あなたの今財布の中に入っているクレジットカードの枚数は2枚です。」
と言うのも良し。