現在働かない若者としてニートと呼ばれる方が増えているそうです。
では、都道府県別に見てみるとどこが多いのか、人口との平均比率は?ということで
今回はそんなニートとされる方の数をご紹介致します。



ニートの数は62万人!

厚生労働省「労働経済の分析」によると現在ニートの数は全国で62万人、働く意志のあるフリーターを含めると249万人いるとされています。

これを都道府県別に見てみると
一番比率として多いのが沖縄県で1.91%。最も低い所は岐阜県で0.95%となっています。
詳しくは以下の図をご覧下さい。

PR 桃太郎はニートだった!



こうやって見ると東京が実は1.06%で比率としては40位と意外な結果になっています。
(もちろん、人口が多いので数としてはかなりいますが。)
比率としては一般的に不況と言われる県が高いようですね。

放浪ニートが、340億社長になった!―世界90か国で学んだ人生を楽しむ仕事術
中村 繁夫
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 19803
おすすめ度の平均: 5.0
5 成功も失敗も非常識なスケールで痛快です。
5 ロマンのある生き方!まずは行動せよ。
5 批判にあう自分を励ましてくれる本
5 憧れの生き方
5 全くぶれていない!