サラリーマンの楽しみの1つといえばお昼休みに食べる昼食。
今日は何にしようかな、などと時間前からそわそわしてしまいます。

けれどそんな昼食にかける費用の平均が年々下落しているという調査がありましたのでご紹介します。


新生ファイナンスの「2010年サラリーマンの小遣い調査」によると
2010年のサラリーマン昼食代の平均は丁度500円という結果となりました。
丁度ワンコインですね。

これは2001年の時の調査では710円でしたのでこの約10年の間で30%も下落したこととなり、景気の動向を表しているように見えます。

これまでの平均昼食代
2010年=500円
2009年=590円
2008年=570円
2007年=590円
2006年=650円
2005年=660円
2004年=650円
2003年=670円
2002年=690円
2001年=710円
※1円単位を四捨五入

ここ数年は600円前後で推移していたものが、今年になり90円下がっているというのはやはり不景気の影響でしょうかもしれませんね。


「これだけ覚える」

サラリーマンの昼食代の平均は500円!



つくりおきおかずで朝つめるだけ!弁当 決定版 (別冊エッセ)
小田 真規子
扶桑社
売り上げランキング: 1736
おすすめ度の平均: 4.5
5 料理が苦手でも美味しく続けられます
3 保存用で味は濃いめ
5 お弁当作りのバイブルになっています
5 冷めてもおいしい!