ITが発達してから生まれた新しい職種のWeb制作関連の産業。
このサイトもWebの1つですが
そこで働く人達の給与や属性はどのようなものなのか気になったので調べてみました。


ソフトバンク・ヒューマンキャピタルの調査によると
WEBプロデューサー・プランナー職の平均年収は575万円
WEBディレクター職の平均年収は503万円
WEBデザイナー職の平均年収は312万円
そしてWEB制作関連職種の全体平均は463万円
という結果となりました。

日本の平均年収が約470万円ですので
全体で見るとほぼ同じということが分かります。

ちなみにこの業種の平均転職回数は2.4回で転職回数3回以上の方も4割強いるそうで
WEBプロデューサー・WEBプランナー職は75.0%、WEBディレクター職が80.0%、WEBデザイナー職だと89.0%の人が
転職経験があるとのことで、終身雇用が多い日本においてもほとんどの方が転職する業界のようです。


「これだけ覚える」

WEB制作関連職種の平均年収は463万円



「プロになるためのWeb技術入門」 ――なぜ、あなたはWebシステムを開発できないのか
小森 裕介
技術評論社
売り上げランキング: 2999
おすすめ度の平均: 5.0
5 現在までのWEB技術の変遷を知るのに最適な本
5 Web技術を俯瞰するのに最適
5 Web技術を体系的に学びたい方にオススメ