今や1人に1台どころか2台、3台と持っている方も多い携帯電話。
今回はそんな携帯の通信速度はどの会社が一番早いのか気になったので、
昨年1年の通信速度の平均を調べてみました。


ケータイ白書2010によると2008年8月〜2009年8月の調査で
携帯電話3社の中で最も平均通信速度が速かったのはKDDI(au)で440.3kbps、最も遅いのはソフトバンクモバイルで155.8kbpsという結果になりました。
ドコモは356.1kbpsということでソフトバンクだけがかなり遅いということが分かります。(3社平均は368.6kbps)

ソフトバンクのつながりの悪さは前から言われていましたが、こうして数値で見てみるとこんなに他社と違うのかと思いますね。

携帯電話の通信速度の図
ちなみにkbpsとは1秒間に何千ビットのデータを送ることができるかを表す単位で、これが速いとインターネットがサクサク動いたりメールの送信時間が短くなったりという効果があります。

携帯でインターネットをよく見るという方は参考にして頂ければと思います。

これだけ覚える

通信速度はauが一番速く、ソフトバンクが一番遅い


10代のためのケータイ心得
こころ部
ポプラ社
売り上げランキング: 331806
おすすめ度の平均: 4.5
4 メインはマンガです
5 携帯を初めてもつ子供に最適!!