プロ野球投手の平均球速
野球の投手といったらやはり投げるスピード「球速」が大切になってきます。
プロ野球の投手はどの位の球速を持っているのでしょうか。
上位投手について調べてみました。


2010年度の平均球速上位投手は
1位 馬原 孝浩(ソフトバンク) 150.2km
2位 藤川 球児(阪神) 149.8km
3位 ブライアン・ファルケンボーグ(ソフトバンク) 149.6km
4位 由規(ヤクルト) 149.3km
5位 浅尾 拓也(中日) 149.2km
6位 ブライアン・ウルフ(日本ハム) 148.41km
7位 山口 俊(ベイスターズ) 148.40km
8位 マキシモ・ネルソン(中日) 148.3km
という結果になりました。
確かに球速が速い方は一流投手と呼ばれる様な人が多いですね。

ちなみにMLBに所属する日本人メジャーリーガーは
1 五十嵐  151.0km/h
2 黒田   148.4km/h
3 松坂   148.2km/h
4 斎藤   147.1km/h
5 川上   143.7km/h
6 高橋   142.9km/h
7 上原   141.5km/h
8 岡島   140.3km/h
とメッツの五十嵐投手が最も球速が速いという結果になりました。

一概に球速だけが投手の優劣とはなりませんが、こうした誰が一番速いのか
そして野球をやっている方なら自分の球速とプロの球速を比べてどうなのかを知ると面白いかもしれません。

3ヶ月で15km球速を上げる方法

この平均だけ覚える

プロ野球の平均球速が最も速いのは馬原投手で150.2km