ワールドカップもグループリーグ第2戦へと進んでいますが、
今日はなんといっても注目は日本VSオランダ!

相手は優勝候補と言われていますが、是非大番狂わせを見せてほしいところです。

ところで、この格上や格下というのはどうやって分かるのでしょうか。
実は、このワールドカップを主催しているFIFAという団体が
加盟国のランキングを1,2ヶ月に1回作成していて、このランキングを比較することによって
一目で相手がどの位の実力を持っているのかが分かるようになっています。

けれどこのランキング通りに行かないのもサッカーで、
ワールドカップ出場国も単純に上から32カ国という訳にもいっていません。(地域による枠の関係もありますが。)

ということで前置きが長くなりましたが、今回の南アフリカ大会出場国のFIFAランキングの平均はどの位なのか、調べてみましたのでご紹介します。


ワールドカップ南アフリカ大会出場国のFIFAランキング平均は26.03位となります。
日本は45位なのでそれよりもかなり上のランキングとなりますね。

出場国をランキング順に並べてみると以下のようになります。

出場国順位 FIFAランキング 国名
1 1 ブラジル
2 2 スペイン
3 3 ポルトガル
4 4 オランダ
5 5 イタリア
6 6 ドイツ
7 7 アルゼンチン
8 8 イングランド
9 9 フランス
10 13 ギリシャ
11 14 アメリカ
12 15 セルビア
13 16 ウルグアイ
14 17 メキシコ
15 18 チリ
16 19 カメルーン
17 20 オーストラリア
18 21 ナイジェリア
19 24 スイス
20 25 スロベニア
21 27 コートジボワール
22 30 アルジェリア
23 31 パラグアイ
24 32 ガーナ
25 34 スロバキア
26 36 デンマーク
27 38 ホンジュラス
28 45 日本
29 47 韓国
30 78 ニュージーランド
31 83 南アフリカ
32 105 北朝鮮

こうしてみるとやはり1〜9位が順調にワールドカップまで進んで来ていて(ちなみに出場を逃した10位はクロアチア)
日本は下から5番目という結果となりました。
カメルーンもこうしてみると16位と出場国の丁度半分位のランキングなんですね。

今回は相手は4位とかなり強敵となりますがなんとか頑張ってほしいところです。


「これだけ覚える」

出場国の平均は約26位。日本は45位で下から5番目